片づけられない原因
箱やかごには要注意

 

 

こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。

 

私はかごに憧れがあります。
 


でもこのかごが実は同時に恐怖でもあるんです…

 

というのも、

 

かごや箱があることで、お部屋が片付かなくなる

 

と感じる出来事が多発するからなんです。

 

どういうことかというと…

 

かごや箱って、つい物を入れるのに、最適ですよね。

 

そう、つまり、一時置きの物がたくさん増えて…しまいには、テーブルの上や床の上にそれらが散乱する可能性があるからなんです。

 

そうすると、どうなるかというと。

 

一時置きがたくさんあると、いざそれが欲しいと探しても、どこにあるか見つからない…イライラ…
もう探すの嫌だから、新しいの買おう!

 

そういう流れになり、結果物を増やしてしまうからなんです。

 

実はこれ、当店のお客様でもよく見かける光景です。

 

片付けが苦手~という方のお部屋を拝見すると…

 

そう、この箱やかごを使っている方が非常に多いです。

 

そして、皆さんおっしゃるのが、どこに何があるかわからないから、結局必要になると買い足し…

 

同じものが2個3個あります…と。

 

そう、この箱やかごは、一時的に収納できるというメリットがあるので、つい皆さん、その誘惑に負けてしまうのですが、

 

結果物を管理できず、物を増やす危険性がある。

 

ここを皆さん、肝に銘じて頂ければと思います。

 

ちなみに、我が家の子供用のペンケースも気づけば4個に。



 

正直こんなに要りません…よね。

 

でも箱があると入れたくなるのが人間。

 

そこにおいてある以上しょうがないんです。

 

だからこそむやみやたらにおかないことが大事なんです。

 

ちなみに、こういったケースでお悩みの方の解決方法はいたって簡単です。

 

まず明らかに不要な箱やかごは処分する。

 

可愛かったり思い出深いものは、収納内で使うようにする。

 

これに限ります。

 

ちなみに、一時置きのかごは、一空間に一か所はあってもいいと思います。

 

リビングで使うものの一時置き場。
ダイニングで使うものの一時置き場
寝室で使うものの一時置き場
最高でも各部屋一か所です。
 

 

それでしたら、リビングの物はここ、ダイニングの物はここと分かるので、物のありかがわからなくなりませんし、

 

一か所程度なら、見た目的にも、問題ないです。

 

まずここに気を付けてみてください。

 

でも…我が家は子供がいて、いろんな作品作って大変なんです。

 

そうおっしゃる方も多いと思います。

 

ちなみに…我が家もそうです。
 

 

誕生日にこんな素敵な箱を作ってくれて…涙

 

最近では私のためにこんなくじ引きを作ってくれました。(笑)

 

これ系はどうしていいかわからないですよね。

 

プレゼントの方は、処分しませんが、このくじ引きの方は、ピークが去ったら処分しようと思います。

 

というのも…
子供の作品は、その物よりも、それを生み出した時に生まれたアイデアや、
集中力ここが一番大事だと思うからです。

 

このくじ引き入れも、届いた箱を見てひらめいたものです。

 

その時の集中力は半端なかったです。

 

きっとまた何かひらめいたら作るでしょう。

 

この辺の線引きも実は大事だったりしますね。

 

とにかく箱やかごには、物凄い誘惑があります。

 

それだけにお付き合いの仕方がものすごく大事。

 

今片付けが苦手~と思っていらっしゃる方。お菓子の箱や、100均の収納など溢れてませんか。

 

ぜひ一度見直してみてくださいね。

 

それだけで片付け苦手から抜け出すことが出来ますよ~

 

 

 

 

 

※「@studio-pollo.com」というドメインからメールが届きます。あらかじめフォルダ分け設定を行って頂きますよう、お願い致します。
※3分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレスの誤入力の可能性があります。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。

 

Recommend Column

壁紙を変えて洗面室をDIY 原状回復可能な施工方法 こんにちは。インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 やりたいやりたい! そう思っていたことを来週末の講座の前に~ ‥ 続きを読む
アクセントクロスで避けるべき場所 こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 アクセントクロスを取り入れたい! でもどこにやればい‥ 続きを読む
アクセントウォールの作り方 おすすめな場所4選 こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 アクセントウォールを取り入れてみたい! ‥ 続きを読む