モリスのダイニングチェア

 

 

こんにちは。インテリアコンサルタントの内藤 怜です。

 

やっとダイニングの椅子の模様替えが終わりました。

 

 

実はこのダイニングチェア。以前私が張り替えたものなんです。その時はリバティの帆布を貼っていました。

使ってかれこれ、5年。汚れはあるものの、この生地も結構強かったです。

 

 

 

解体しながら、我ながら丁寧にできているじゃない!なんて思いつつ…

 

でもこの椅子は私が張り替える前から、こんな風に張り替えられ続けていて

 

まさに長い時間使われてきたもの。

 

そこに今回合わせたのは、モリスのアネモネ

 

気にいった生地だったんですが、最初座面だけ張り替えたものの…

 

 

なんか奥の椅子がクラシックすぎる…
違う!!!!私がしたいのはこの空間じゃない!!!!やだ~~~!!!どうしよう!!!

 

という状況になり、(笑)

 

その原因が椅子のウレタンにあるのは一発で気づきました。

 

次の日には、ウレタン剥離剤を買い、椅子のウレタンを剥がしていったのですが…

 

 

結構スムーズにとれる。

 

そして、その下に隠れていた素地の木材が出てきたのですが…

 

美しい!こちらの方が私好みなんですよね。

 

で…そこにオイルフィニッシュを塗り…

 

 

なんとも触って気持ちのいいダイニングチェアに変わりました。

 

秋らしいお部屋の雰囲気に変わりました。

 



モリスの生地も厚地ですと、椅子の座面にも使えますよ~

 

座面の張替えはそこまで難しくないので、みなさんもぜひおためしください。

 

同じ家具でもテイストを変えながら楽しめます。

サスティナブルな暮らししませんか。

 

 

【キュンとときめくお部屋作りのコツはこちらです】

 

 

 

 

 

 

 

Recommend Column

心理学とインテリア NAMEさん、窓割り理論ってご存知ですか? 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊‥ 続きを読む
我が家の日常のキュン 毎日何を見るか。 これであなたの日常の幸せ感は確実に変わります。 私は…気づけば年は重なっていき‥ 続きを読む
なぜ家具を端に寄せてしまうのか こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 私がこの仕事をしていてよく見かける光景。 それ‥ 続きを読む