独立した子供が戻りたくなる家
実家のあり方

 

 

こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。

家の在り方というのは、そこに住む人で変わるもので…

 

子供の数だけ部屋が必要!と部屋数の多い家に住んだと思いきや、気づけば親元を離れて…

 

でも、時々帰ってくるからそのままに放置。

 

そんなご両親も多いかと思います。

 

でもお子さんが結婚なさったら、話は別。

 

そのスペースをどうするか。ここは結構大事だと私は思っています。

 

そしてそれによって、寄り付く家になったり、ならなかったりすることもあると思っています。

 

子供の部屋をそのままにしておきたい。

 

多くの親御さんが思うことだと思います。

 

家族で過ごした思い出の場所。我が子が成長した空間。近くに取っておきたいものですよね。

 

でも、お子さんからしたらどうでしょうか。

 

新しい家族を持ち、前を向いて生きている時そんな時、時の止まった空間に戻るって、どんな気持ちでしょうか。

 

実は結構しんどいという話を伺うことがよくあります。

 

もちろんご両親にそんなことは言えないと思いますし、本人が気づいているかもわかりません。

 

でも行くと、なんか疲れる…

 

そんな風に感じることは結構多いようです。

 

では、逆に親御さんが今必要なものだけに囲まれて、毎日過ごしている空間。こちらだったらどう感じるでしょうか。

 

実は我が家がまさにその状況なのですが、結構気楽に遊びに行こうという気になります(^_-)-☆

 

ちなみに、これが私が子供のころの部屋。

 

 

私と弟のベッドが置いてあって、ここはゲストルームとして使われています。

 

寝具も全て外した後の写真なので、味気ありませんが…(笑)
 

弟夫婦が泊まりに来た時の部屋として使われたりしています。
 


もう私が住んでいた部屋の面影は跡形もない…(笑)

 

でも、実はそれが心地よいんです。

 

だから気楽に行けるし、気楽に帰れる。

 

もちろん、クローゼットには私の思い出の品たちは入っていますよ。

 

独立後は新しくお子さんを出迎える形に部屋を変える。

 

これは結構大事だと思います。

 

新鮮な空気が流れるところには、新鮮な気が流れてきます。

 

物置化したお部屋だったら、戻りたくないですからね。(笑)

 

もしお子さんのお部屋をそのままにしている方は、この年末の機会に、見直してみませんか。

 

そしたらきっと新しい風が吹いてきますよ。

 

 

 

 

※「@studio-pollo.com」というドメインからメールが届きます。あらかじめフォルダ分け設定を行って頂きますよう、お願い致します。
※3分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレスの誤入力の可能性があります。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
 

 

 

 

 

Recommend Column

壁紙を変えて洗面室をDIY 原状回復可能な施工方法 こんにちは。インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 やりたいやりたい! そう思っていたことを来週末の講座の前に~ ‥ 続きを読む
片づけられない原因 箱やかごには要注意 こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 私はかごに憧れがあります。 でもこの‥ 続きを読む
アクセントクロスで避けるべき場所 こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 アクセントクロスを取り入れたい! でもどこにやればい‥ 続きを読む