毛布は布団の上?中?

HSPとインテリア

 

 

最近夜もだいぶ冷え込むようになりましたよね。

毛布を取り出した方も多いのではないでしょうか。

毛布があると、布団の中もすぐ温まるので、必須アイテムですよね!!

でもこの毛布。

 

布団の中に敷くか、それとも外に敷くかで

安眠度合いが全く違うのをご存じでしょうか。


※ちなみに毛布は化繊で布団は羽毛の場合です。

 

 

実は、毛布は布団の中ではなく、上に置いた方が、快適な睡眠がとれます


というのも…

羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があるんです。

つまり、羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

他にも…私たちって夜も汗をかきますよね。

その時に、中に化繊の物だと、汗が吸収されず、不快な汗になってしまうのです

内側にリネンや綿のシーツをかけた布団があると、それが汗を吸収してくれるので、心地よく眠ることが出来るんです。

これ、私が初めて体感したのは、もうかれこれ20年以上前の話ですが、物凄い衝撃を受けたのを覚えています。

そう、私は五感が敏感なので、

これだけで、無意識に受けていた不快感から解放され、毎日の睡眠がガラッと変わったんです。

毎日無意識に何を感じているのか。

ここを見直すことで変わる変化って、実はものすごい大きいんです!

今や5人に1人が私と同じ、HSP(繊細過ぎる人)だと言われています。

実際に子供の小学校に行っても、HSC(繊細過ぎる子)の子も結構周りに多く見かけます。

でも、残念ながら本人だけでは、そこで感じるストレスは解消できません。
 

そんな時に、毎日暮らすお家が、五感で癒される空間かどうか。


これはお子さんのこれからの成長にとって、物凄い大きいことだと思っています。

実際私も‥‥

お部屋が変わるまでは、家はストレスの宝庫だったのですが…(笑)

部屋を整えることで、幸せ度数が上がりました。

HSPの人は、良くも悪くも刺激を受けるので、
 

いい刺激を受けるか・悪い刺激を受けるかこれのどちらが多いかで、単純に幸せ度数が変わってきます。

 

HSPの方やお子さんにその気配を感じるようでしたら、ぜひ布団周りを見直すこともおすすめいたします。

 

 

 

 


インテリアにはたくさんのヒントやコツがあります。
 

 

それを惜しみなくお伝えしているのが、このメールマガジン
 

宜しければぜひご覧になってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

Recommend Column

アクセントウォールのNGな壁紙の選び方 お部屋の壁に一か所色を入れてみたい! そう思われる方も思います。 でも…実はここ要注意の落とし穴ポイント‥ 続きを読む
ZOOMの第一印象をUPさせる方法 今なおオンラインは欠かせないということで…ZOOMを使う方は多いと思います。 そんな時に、さすがに自宅は映せない&hel‥ 続きを読む
ロールスクリーンの活用術 ロールスクリーンて窓につけるものって思っていませんか。 実は窓回りだけでなく、めちゃくちゃ活用できる優れものなんです。 ‥ 続きを読む