人は変われる

 

 

こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。

 

突然ですが、皆さんは人って変われると思いますか。

 

それとも…なんだかんだ言っても人は変わらない…と思いますか。

 

私は完全に前者(笑)

 

どんな人でも変われる!そう思っています。

 

そしてそれはわたし自身もそうだったし、周りを見ていても思います。

 

で、実はそう信じているからこそ、わたしはこの仕事をしています。

 

そう私にとってインテリアって単なる手段でしか過ぎないんです。

 

でも、物凄い効果的なものだと日々実感しています。

 

 

  • つい最近でも、片付けがものすごい苦手…と仰っていた方が、ときめくインテリアの方法を知り、これまでには想像できないくらい素敵なお家をご自身でプランニング出来、そこに向けて動き始められたり
     
  • 自分に自信がなく、ついご主人に当たり、夫婦仲の悪かった方が、自分が本当にときめく部屋になったことで、心身ともに素敵になられ、一番の問題の夫婦仲が改善されたり…
     
  • 自暴自棄で、私なんか…と常に自己肯定感の低かった方が、自分自身が本当に望む空間に出会い、以前とは正反対なぐらい自己肯定感高くなられたり…
     
  • 自己投資せず、常に節約・倹約しているのに、なかなかお金がたまらない…と嘆いていた方が、自分が心から心地よいと感じる空間に出会ったことで、時間・お金・人間関係共にゆとりのある暮らしを送られていたり…

 

 

これはほんの一例ですが、

 

みなさん、新しい自分に会い、変化して言っているんです。

 

でもこれって、実は急にその人が変わったわけではないんです。

 

むしろ、その方が元々持っていた自分の想いに出会い、それを部屋という空間い形にしたからこんな変化が起きたんです。

 

そう、この自分の想いに会いに行くという行為がものすごい大事なんです。

 

でも、正直ときめくお部屋を手にするまでの道のりは、簡単ではありません。

 

その空間にたどり着くまでには、また同じように失敗につながる選択肢を選ぼうとする方は非常に、ひじょ~~~に多いです。

 

それは皆さん、目の前の問題だけに必死になってしまうからなんですね。

 

なので、悩み続けた結果、以前と同じ選択をする。(笑)

 

笑い事ではありませんが、本当にあるあるなので、皆さんもご注意してください。(笑)

 

何かの本で読んだのですが、人はある空間に目隠ししてそのあたりを歩くよう指示すると、

 

ずっと同じところを回り続けるらしいです(笑)

 

体力だけ使い果たして、同じ場所って悲しいですよね。

 

そんなこともあり、皆さんがご自身の想いに会いに行き、そこで自分自身が求める暮らしを知り、それを形にするにあたって、誘導していくのが私の仕事です。

 

この過程では、いろんなことがあります。

 

私ってこういう風に考える癖があるんだ。私はこういう理由で今まであきらめていたんだ。だから今こうなっているんだ

 

など…

何度ご指摘しても同じことを繰り返す方、非常に多いんです。(笑)

 

それぐらい今の癖が深く根付いている証拠でもありますよね。

 

でもその都度私に、言われて…気づくの繰り返し。

 

ここもまた実はものすごい大事な時間です。

 

そう、当店のお部屋作りでは、こんな風に、ただおしゃれなお部屋を作るのでなく、自分自身が今まで気づかなかった思いに気づきながら前に進んでいきます。

 

だからこそ、本当にときめくお部屋までたどり着くことが出来るんです。

 

最近も嬉しいお言葉を頂くことが多く、

 

皆さんの新しいステージに出会ったときの笑顔が、私の最高の悦びで、だからこの仕事を続けているんだな~と感じる今日この頃です。

 

今お手伝いしている皆さんが、新しい自分に会えるように、信じ願い

 

これからも一緒に伴走していければと思っています。

今日は熱くなりましたが(笑)この辺で。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

【キュンとときめくお部屋作りのコツはこちらです】





Recommend Column

心理学とインテリア NAMEさん、窓割り理論ってご存知ですか? 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊‥ 続きを読む
我が家の日常のキュン 毎日何を見るか。 これであなたの日常の幸せ感は確実に変わります。 私は…気づけば年は重なっていき‥ 続きを読む
なぜ家具を端に寄せてしまうのか こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 私がこの仕事をしていてよく見かける光景。 それ‥ 続きを読む