スクール 基本ルール・ご利用規約

スクールの基本ルールと注意点

【開催方法】

◆月一回のZOOM講座とメッセンジャーにて開催



【会費について】

 

◆初回を除き、毎月翌月分を自動カード決済となります

◆途中入会は基本受け付けておりません。


【当日のクラスについて】

◆クラスは顔出し参加のみとなりますので、ご了承頂ける方のみのご入会となります

◆やむ終えず当日欠席の場合は、講師の個別メッセンジャーへ前日までにご連絡下さい



【グループメッセンジャーについて】

◆グループメッセンジャーにご参加頂きます

◆動画・資料、その他の連絡事項に関してはグループメッセンジャーへお送り致します

◆グループメッセンジャーについては、課題の進捗・共有のみでの使用となり、個人的な相談は致しかねますのでご了承ください。


【退会・休会について】

 

◆退会の場合は退会したい月の前月20日までのご連絡で、翌月より退会となります

例:9月より退会希望→ 8月20日までに退会フォームへご入力下さい

◆退会を希望される方はこちらのリンクよりフォームへご入力頂いたのち、約7日以内に退会処理をさせて頂き、手続き完了メールの返信をもって退会とさせて頂きます

◆既にお支払い頂いてる会費の日割り返済などはございませんので、あらかじめご了承下さい

◆退会後半年間は再入会ができません、尚、休会制度は設けておりません

 

 

スクール
「ご利用規約」


上記のスクール(以下「本プログラム」と言います。)に参加を希望する場合、契約条項を良くお読みいただき、ご連絡アンケート内の同意欄にチェックしてください。

当社が電話・電子メールその他の適宜の方法により、申込者に対して承諾の通知をした場合、通知の日を契約成立日として、当スクールと申込者との間で、契約条項に従って受講契約(以下「本契約」と言います)が成立するものとします。

ただし、諸般の事情により、参加の承諾をできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



第1条(概要)

1、本プログラムは月一回のZOOMと2週間後のメッセンジャーでの共有によって構成されるものとします。

2、申込者は、当スクールに対し本契約の締結日から3日以内に、本プログラムの参加費を支払うものとします。

3、参加者は、当スクールに対し、前項の参加費をクレジットカードによるオンライン決済の方法により、支払うものとします。



第2条(禁止行為)

1、申込者は、次の各号に掲げる行為(以下「禁止行為」と言います)を行ってはならないものとします。

(1)講座の進行を妨げる行為
(2)講座内で提供する資料の無断転載
(3)ネットワークビジネス、宗教などに他の受講者を勧誘する行為
(4)講義の内容を撮影(録音含む)をする行為
(5)その他、前各号に準じる行為

2、当スクールは、申込者が次の各号に該当する場合、申込者による各講義からの退席を求めることができるものとします。

(1)第1条・第1項の参加費全額を支払っていない場合
(2)禁止行為をした場合、または禁止行為をする恐れがあると当スクールが判断した場合



第3条(契約解除)

当スクールおよび申込者は、相手方が本契約に違反した場合に限り、本契約を解除することができるものとします。



第4条(返金)

1、申込者は講義の全部又は一部を受講しなかった場合であっても、当スクールに対し、参加費の全部又は一部の返金を求めることはできないものとします。

2、本契約が解除された場合であっても、その解除が当スクールの債務不履行を理由とする場合を除き、申込者は当スクールに対し、参加費の返金を求めることはできないものとします。



第5条(個人情報の取扱い)

1、当スクールは、申込者から提供された個人情報について、製品の発送、決済、新商品等に関するお知らせ、新商品の開発、マーケティング活動その他これらに関する目的のために利用するものとします。

2、当スクールは、法令に基づく場合を除き、申込者の同意を得ない限り、申込者の個人情報を第三者に提供しないものとします。

3、申込者は当スクールに対し、当スクールが保有する申込者の個人データの開示を求めることができるものとし、開示された個人データに誤りなどが存在した場合には、当スクールに対し、訂正、利用停止、消去などの措置を求めることができるものとします。



第6条(容認事項)

1、申込者は、次の各号に掲げる事項(以下「容認事項」と言います。)を容認するものとし、容認事項に関しては一切の意義を述べることができません。

(1)事務処理上の都合などにより、当スクールから申込者に対して連絡をする場合があること
(2)本プログラムは申込者の期待する結果をあらかじめ確約するものではないこと
(3)講義の内容は、受講者全体のレベルに合わせて当スクールが決定するものであるため、申込者の期待した内容とは異なる場合があること
(4)当スクールによる講義の内容は、金融商品取引法その他法令による規制の範囲内のものに限られること
(5)当スクールは、講義の内容について、完全性、正確性、確実性、有用性などを保障するものではないこと
(6)やむを得ない事情がある場合、講義の日程などが変更となる場合があること
(7)当スクールは、講義の内容を撮影する場合があり、撮影された画像又は映像については、各種広告、教材その他の目的のために利用する場合があること
 

2、容認事項に関して申込者に損害・損失が生じた場合であっても、当スクールは、申込者に対し、損害の賠償その他の一切の責任を負わないものとします。



第7条(誠実協議)

本契約に定めのない事項及び本契約の内容の解釈につき相違のある事項については、当スクール及び申込者は、本契約の趣旨に従って誠実に協議を実施し、これを解決することに努めるものとします。



第8条(準拠法および管轄裁判所)

本契約に関する一切の紛争については、準拠法を日本法とし、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。