他社の無料サービスとの違い
惜しみなくお伝えします

 

 

こんにちは、インテリアコンサルタントの内藤 怜です。

 

夏でもマスク…

 

一年前から考えるとあり得ない異常な事態ですが、

 

少しづつ暮らし方が変わって、それが定着しつつあるのを感じます。

 

中でも、オンラインは本当に増えましたよね。

 

正直私はリアル主義なので…

 

いまだ大人数のオンラインには抵抗があるのですが…

 

対面では、オンラインの可能性はかなり感じております。

 

2年前から始めた、オンラインアドバイスも気づけば100回以上の開催。

 

お会いできなくても、解決できる!

 

と強く感じています。

 

さて、そんな中、以前こんな質問がございましたので、お答えさせて頂きます。

 

他社さんや大手さんで無料オンライン相談があるのですが、何が違いますか

 

というご質問を頂きました。

住宅メーカーさんでも、ショールームに来てくださる方が減ってきたので、

 

オンラインを取り入れたりなさっていますよね。
 

私も実際に受けたわけではないので、はっきりとは申し上げられませんが、

 

これだけははっきり違うと申し上げられることがあります。

 

それが

 

【今のあなたの悩みを根本的に解決する】

 

ここになってきます。

 

一般的には、ご相談て、あなたのお悩みをお伝えして、

 

このお悩みでしたらAというパターンやBというパターンがありますよ。

といった提案になってくると思います。

 

でも、これって正直ちょっと表面的・・・

根本解決には至らないと思います。

ちなみに、当店では、提案は基本しません。

 

では何をするかというと…

 

あなたのお部屋を拝見して、あなた自身がどうしたいかを整理して、

 

あなたが今ある悩みを解決できるように導く

 

というのが、当店のオンライン相談になります。

 

で…

 

インテリア提案はそこが見えてきたうえでの、手段としてお伝えしています。

 

よくお客様に言われます。

 

内藤さんて惜しみなくお伝えしてくれるけど、あんなにいいんですか??

 

と。

 

ハイ。(笑)

 

私は本当に包み隠さず、インテリアに限らず、私の持っているものを全てお伝えしていきます。

ほぼ大半のお客様がメモを取らないと忘れてしまうほど…(笑)

 

でもそれには理由があるんです。

 

このオンラインの時間で必ず解決してほしいからなんです。

 

しかもここだけの話…

 

一応制限時間は設けていますが、解決するまではビデオ電話は切りません(笑)

といっても、

 

そこまでオーバーすることはありませんけどね…

 

この時間であなたの悩みを解決して、新しいドアを開ける。

 

ここが私のオンライン相談の最大の売りであり、私のこだわりでもあります

 

あなたに合ったあなただけの解決方法を提示させて頂いております。

 

そんなオンラインお部屋診断ですが、

 

はじめましての方のお申し込みは、誠に申し訳ございませんが、受け付けておりません…

 

理由は一つ。

 

当店では、より具体的で今すぐできるアドバイスをお届けしたいので、事前準備をお願いしております。

その必要性ややり方にご納得いただいた上で、進めておりますので、

 

当講座を受講なさった方に限り、オンライン診断をご案内しておりまます。

 

もちろん、この講座の時間でもインテリアのコツやヒントは惜しみなくお伝えしているので、

 

帰ってすぐできることも沢山ですよ~

 

 

さて、コロナもあり、延期延期でなかなか開催てきていませんが、

 

久しぶりにリアル講座「キュンとときめくお部屋作り講座」を開催します!


最近もお客様のお部屋作りで仕入れた新鮮な情報も盛り沢山ですし、

 

お部屋もリニューアルしたばかりですので、お伝えしたいことがたくさんあります。

 

対策はきちんと行ってまいりますので、宜しければ遊びに来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recommend Column

HSPとインテリア 先日小中学校の同級生とオンラインで話す機会があり、過去の自分を思い出しました。 「考えすぎ…」 あの頃言われて一番つら‥ 続きを読む
無印を買えば素敵になると思っていた… インテリア神話…(笑) 「無印を買えば素敵になると思っていた」 ‥ 続きを読む
あの時迷わず申し込んでよかった~! こんにちは。インテリアコンサルタントの内藤 怜です。 スクールをやっていて毎回思うこと…それがメンバーさんが半端なく‥ 続きを読む