リバティプリント/リバティインテリア相談/リバティ/椅子/スツール/アンティークチェア/おしゃれな椅子/アンティークチェア/インテリア/リバティのインテリア/小物/デザインチェア/椅子張替/カフェチェア/東京都内/

コンセプト

コンセプトイメージ

Concept

『ECO』『RENOVATION』『ORIGINALITY』

ものにあふれた時代。

気づくと大切なものが分からなくなってしまうことがあります。 

いまあるものの価値をじっと見つめ、

その本質的な魅力をもう一度発見し、

知恵と工夫で、今の自分が心地よいものに変えて

また大切に使っていく。

その積み重ねが私たちに本当の豊かさと幸せをもたらします。


pöllö.とは

インテリアが変わると人生がガラッと変わります。

リバティプリントを効果的に取り入れた、インテリアを提案しています。

*インテリアの提案

私たち日本人に普遍的なものを大切にする考えで、

大切に使われてきた家具に、英国のリバティプリントをメインに組み合わせ

新たな価値、魅力を見出し、デザイン販売しています。

&deco(u,,,){*リバティプリントのアンティークチェア・スツールの販売・張り替え};

*リバティプリントのインテリア雑貨の販売

*その他輸入生地のアンティークチェア・スツールの販売



プロフィール

内藤怜 ナイトウレイ

画像の説明

1979年生まれ。

早稲田大学卒業。

店舗デザイン設計・施工会社にて飲食、物販のデザイン・内装工事を担当。

現場経験も豊富で、完成に至るまでの経緯も含め、多くの現場を見てきました。

その後結婚式場やホテルに、海外の資材・家具・照明をトータルコーディネートする会社に勤務。

新築だけでなくリノベーションも多く、プロジェクト単位での案件を数多く行いました。

メリハリをつけた提案を得意とします。

いいもの・お気に入りを取り入れつつ、予算もきちんと管理し、見えない部分のコストを抑える。

そうすることで、お客様が一番満足する空間をつくってまいりました。

しかし3.11を機に娘たちのそばで、彼女たちの未来のためになることをしたいと感じ退職

「いまあるものを大切にしたい」

その思いをもとに2015年1月pöllö.を立ち上げました。

現在はリバティプリントを中心に、アンティークチェアやインテリア小物をリノベーション。

前職での提案力も生かし、インテリア提案行っております。

お客様が今まで以上に笑顔で楽しく過ごせること

それが私の仕事ゴールです。




横山 美裕紀 ヨコヤマ ミユキ

1979年生まれ。

大学にて建築を専攻、建築学全般、設計、デザインについて学ぶ。

大学卒業後、大手不動産会社にて総務、経理、人事、経営企画に4年間携わる。

経営企画と企画推進に邁進する日々を過ごす。

前社退職後、海外留学等を経て、モノに対する価値観を再認識する。

その後、結婚式場やホテルなど商業施設に対し、主にヨーロッパの照明、家具、建材等のインテリアをトータルコーディネートし、提案、販売する会社にて8年勤務。

大規模ホテルなどを主に担当し、リノベーションや新築のプロジェクトを多数担当。

得意分野は企画や予算調整。

国内外の家具製造工場も数多く視察し、別注家具等についても多くの経験を積み、
家具の構造や仕組みについて知識を身につける。

同社を退職後、自由に働ける環境を目指して起業。
pöllö.を立ち上げる。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional